情報通信工学科研究分野

情報処理工学講座

情報数理学研究室
現実に存在する様々な問題をコンピュータにより解決させるための方法(アルゴリズム)を研究しています。例えば、トラックで荷物を集配するときの効率的な道順を見つける問題、デジタル画像中から特定の対象物を検知・抽出する問題などについて、有効なアルゴリズムの開発に取り組んでいます。
  • 最短経路探索アルゴリズムイメージ

    最短経路探索アルゴリズム

  • 目立ち度可視化インタフェースイメージ

    目立ち度可視化インタフェース

研究室サイト
人工知能学研究室
人工知能は急速な発展を遂げ、いたるところで活躍し、今やなくてはならない存在になっています。SFの世界の中の夢のような技術が、次々と実現されてきています。私達は、コンピュータやロボットなどを用いた人工知能により、生活を支援したり、楽しくしたりする研究を行っています。また、幼児のようにコミュニケーション能力を学習する手法を構築するなどして、知能とは何かを探る研究も行っています。
  • ヒューマンロボットインタラクションイメージ

    ヒューマンロボットインタラクション

  • 没入型仮想空間イメージ

    没入型仮想空間

研究室サイト

情報通信工学講座

通信伝送工学研究室
昨今、あらゆる“モノ”が相互につながり、様々な価値・サービスを提供する「Internet of Things(IoT)」が大きな注目を集めています。例えば、体内外に装着したセンサによって形成される無線ボディエリアネットワークは、医療・ヘルスケア分野におけるIoTの代表例のひとつです。私たちは、IoTを形成する上でなくてはならない無線通信技術において、「より高速に、より正確に、より効率的に、より安全に、より安価に」するための技術について、研究・開発を行っています。
  • 無線LANとマルチホップ通信イメージ

    無線LANとマルチホップ通信

  • マルチホップ通信シミュレーションイメージ

    マルチホップ通信シミュレーション

研究室サイト
波動情報工学研究室
最近の電波技術の発展は目覚ましく、携帯電話、無線LAN、衛星放送、カーナビ等は日常生活と密接に関わるようになってきました。社会を支えるGHz技術を目指して、各種電波システムの構築に必要なマイクロ波回路技術に関する研究・開発を行っています。また、人間の視知覚特性に基づく画像処理技術の研究も行っています。
  • マイクロ波回路の測定イメージ

    マイクロ波回路の測定

  • 回路パターンイメージ

    回路パターン

研究室サイト
通信システム工学研究室
情報通信技術の発達により、人々が持つ多種多様な情報を、様々な用途に応じ、伝えたいという欲求が、より高まっています。そのため、携帯機器や家電などコンピュータを含むあらゆるモノが、大規模で、複雑な通信ネットワークを形成するようになっています。本研究室では、人と人とが快適なコミュニケーションを行えるよう、ネットワークや通信機器が抱えている様々な技術的課題について研究を行っています。
  • LANとインターネットイメージ

    LANとインターネット

  • 通信ネットワークのモデル化と評価イメージ

    通信ネットワークのモデル化と評価

研究室サイト

情報電子工学講座

集積回路工学研究室
現代生活に必要不可欠な集積回路(LSI)の回路設計技術についての研究を行っています。ユビキタス情報化社会の基盤技術となる無線通信用高周波アナログ集積回路、動的再構成技術を軸とする新しい回路方式による汎用プロセッサ・メディアプロセッサなどのロジック集積回路を対象とし、回路設計、シミュレーション、レイアウト設計、試作、測定、評価を通して研究・開発を行っています。
  • オン・ウェーハ・プローブによるミリ波回路の測定イメージ

    オン・ウェーハ・プローブによるミリ波回路の測定

  • CADによる回路設計・シミュレーションイメージ

    CADによる回路設計・シミュレーション

研究室サイト
光電子工学研究室
高速光ファイバ通信や高密度光記録を可能にした光エレクトロニクスは、今後もますます高度情報化社会の発展に貢献していくことが期待されています。新しい物理現象を利用して、半導体レーザに代表される光電子素子の高性能化や新機能素子の創出に関する研究を行っています。
  • 2次元微小共振器レーザイメージ

    2次元微小共振器レーザ

  • 半導体レーザの特性評価イメージ

    半導体レーザの特性評価

研究室サイト
応用物理学研究室
集積回路や太陽電池など電子デバイスに用いられる半導体について、並列計算機の内部に半導体の構造を原子レベルで再現し、分子シミュレーション技術により性能を予測する研究手法により、新機能の探索や物性の解明を行っています。他にも、屈折率分布型レンズの結像理論と光ファイバ通信用微小光デバイスへの応用、そして非線形媒質を用いた光カオス系に関する研究を行っています。
  • 太陽電池変換効率の予測システムの開発イメージ

    太陽電池変換効率の予測システムの開発

  • 光ファイバ通信に用いられる方向性結合器のシミュレーションイメージ

    光ファイバ通信に用いられる方向性結合器のシミュレーション

研究室サイト
ページTOP