top
情報通信工学科とは

わたしたちは,近年急激な発展を遂げたインターネット・無線通信技術を基盤とする高度情報化社会に生きています。本学科は,この社会を支え,さらに発展させていくためのICT (Information and Communication Technology) 技術者・研究者を育成しています。 本学科の専門教育では,情報工学,通信工学,電子工学の3つの分野を中心に据えています。これらの基礎知識を実際の問題解決に応用する能力を養うことが重要です。そのために,個人やグループ単位で課題に取り組む演習実験科目を充実させています。 また,学生の自主性を尊重し,自由な雰囲気の中で,各自の能力や個性をのばすことに重点を置いています。そのために,必修科目は最少限におさえてあります。あとは豊富な選択科目の中から,自分の目指すものを探し出してください。 今後の急激な技術革新にも柔軟に対応することのできる揺るぎない基礎知識に裏打ちされた応用力・創造力と技術者倫理をあわせ持つ技術者・研究者への第一歩を本学科からスタートさせましょう。若さと意欲と夢に満ちあふれた皆さんの挑戦を期待しています。

mark

教育方針

情報通信工学科は,高度情報化社会の中核技術である情報通信技術を支えている情報工学,通信工学,電子工学の三つの学問領域を共通の基盤として,各 種情報システムの知能化等に必要となるソフトウェア技術及びシステムの超高速化等に欠かせないハードウェア技術を有する人材の育成を目指しています。

このため,教育目標を,

  1. 情報工学・情報通信工学・電子工学にわたる幅広い知識と応用力の
  2. 技術者倫理や社会環境を理解した上で、情報通信技術に関する知識を活用して現実の問題に柔軟に対処する能力
  3. 論理的な記述力や発表能力および社会に寄与するためのコミュニケーション能力
  4. 情報通信技術に立脚し、地域や社会の発展に貢献する意欲

の育成に置いています。

求める学生像

本学科では求める学生像を次のとおり定めています。

  • インターネットを中心とする情報通信技術を学びたい学生
  • コンピュータやネットワークを構成する電子機器やその特性を学びたい学生
  • 情報技術を利用した新しいソフトウェアの創造に興味のある学生
  • 未来の情報通信技術に対する夢や希望を持っている学生
ホーム
受験生・高校生の皆様へ
大学院進学を希望する皆様へ
企業・研究者・一般の皆様へ
在学生の皆様へ
学科情報
教育
研究
イベント情報
入試情報
教員一覧
研究室一覧
リンク